きょう6日(月)は前線が南に離れ、晴れ間の出る所が多いものの、東海など東日本を中心に大気の状態が非常に不安定になりそうです。局地的な激しい雨や落雷にご注意ください。

局地的に激しい雨や雷雨

画像A

きょう6日(月)は前線が日本の南に離れて停滞します。そのため、本州付近では晴れる所も多くなりますが、上空の冷たい空気や湿った空気の影響で、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。東北南部や関東甲信、東海、北陸を中心に雨雲が発達しそうです。東北南部と関東甲信は昼前後を中心に雨が降りやすいでしょう。特に甲信では雷を伴って激しく降る所がありそうです。北陸と東海は晴れ間もありますが、こちらも局地的に激しい雨や雷雨になるでしょう。道路の冠水や低い土地の浸水、土砂災害などにご注意ください。

近畿や九州も急な雨に備えて

近畿は大体晴れる見込みです。ただ、午後は近畿の太平洋側で雨の降る所がありそうです。中国、四国は朝まで雨の降る所がありますが、日中はおおむね晴れるでしょう。九州は曇り空で、所々で、にわか雨や雷雨があるでしょう。特に九州南部では午後は激しい雨や雷雨の所がありそうです。急な雨に備えて、折り畳み傘をお持ちになってお出かけください。

北海道と沖縄は晴れる

画像C

一方で、高気圧に覆われる北海道と東北北部は、大体晴れるでしょう。雲の広がる時間がありますが、天気の崩れはなさそうです。沖縄も一日を通して晴天が続く見込みです。ただ、北海道や東北北部とは対照的に、沖縄はまだまだ夏の空気に覆われて、蒸し暑さが続く見込みです。