きょう6日の東海地方は、広く秋晴れとなっていますが、15時現在、所々で雨雲が発達してきました。今、晴れている所でも、天気の急変に注意して下さい。

秋晴れの所も天気急変に注意

上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込み、東海地方では大気の状態が不安定となっています。このため、15時現在、岐阜県や静岡県の山間部を中心に活発な雨雲がかかり、岐阜県の黒川(白川町)では、15時までの1時間に20ミリの強い雨を観測しています。
今夜にかけて、大気の不安定な状態が続くため、雲が広がりやすく、所々で雨や雷雨となる見込みです。
今、雨が降っていない所でも、天気が急変する可能性があります。雷雲が近づいているサインは、「昼間なのに真っ黒い雲が近づく」、「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」、「急に冷たい風が吹く」です。急な強い雨や落雷、突風などに注意して下さい。
また、洗濯物の干しっぱなしなどにも注意が必要です。

週間天気 8日(水)〜9日(木)は広い範囲で雨

画像B

東海地方では、この先、短い周期で天気が変わるでしょう。
あす7日は、湿った空気の影響で雲が多くなりますが、日中は晴れ間もありそうです。8日(水)〜9日(木)は、前線を伴った低気圧が本州付近を通過するため、東海地方は広い範囲で雨となる見込みです。10日(金)〜11日(土)は、高気圧に覆われて広く秋晴れとなりますが、12日(日)以降は、再び雲の多い天気となるでしょう。
洗濯物の外干しや布団干しのタイミングを逃さないよう、天気予報をこまめにチェックするようにして下さい。

この先の気温の傾向は?

画像C

この期間、名古屋では、最低気温は20度前後の日が多く、平年並か平年より低いでしょう。また、最高気温は平年よりも低い日が多く、極端な暑さはなさそうです。
季節の変わり目ですので、朝晩の気温差が大きい日もあります。体調を崩さないよう、服装などで上手に調節するようにして下さい。