きょう9日(木)は、北海道から近畿は午前中を中心に雨が降り、非常に激しい雨や激しい雨の降る所があるでしょう。中国、四国、九州、沖縄はおおむね晴れそうです。

きょうの天気

画像A

きょう9日(木)は、低気圧が北日本付近を進み、低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいます。本州付近は大気の状態が非常に不安定になっています。
このあとも北海道は雲に覆われ、夕方まで太平洋側を中心に所々で雨が降るでしょう。東北の日本海側は断続的に雨が降りそうです。落雷や激しい雨に注意が必要です。東北の太平洋側は晴れ間がでますが、夕方まで雨の降る所があるでしょう。
関東は夕方まで、東海は昼頃まで、雨雲がかかりそうです。局地的に雷を伴って、非常に激しい雨や激しい雨が降るでしょう。非常に激しい雨や激しい雨が降ると道路が一気に川のようになってしまうことがあります。道路の冠水にご注意ください。また、ハイドロプレーニング現象によって、車のブレーキが効きにくくなることがあります。車の運転はいつも以上に慎重になさってください。土砂災害や地下街の浸水、河川の増水にも注意・警戒が必要です。
北陸や近畿は朝まで、雨や雷雨になりますが、日中は雨はやんで、天気は回復するでしょう。西から高気圧に覆われる中国、四国、九州、沖縄は大体晴れる見込みです。

きょうの予想最高気温

画像B

最高気温は北海道は24℃くらい、東北と北陸は27℃ほどと、平年並みになりそうです。関東は22℃ほどと平年より低く、10月上旬から中旬並みの所が多くなるでしょう。羽織るものがあると良さそうです。
一方、東海から九州は30℃前後で厳しい残暑になるでしょう。沖縄は33℃ほどと真夏並みの蒸し暑さで、熱中症警戒アラートも発表されています。熱中症のリスクが高くなります。こまめな水分補給を心がけてください。屋内では適切にエアコンを使い、涼しくしてお過ごしください。