あす10日(金)の関東地方は、天気が回復して日差しが出る所も。日中の気温は30度近くまで上がり、内陸部では真夏日になる所もある。急に暑くなるので、熱中症に警戒が必要。

あす10日(金)の天気

画像A

きょう9日(木)の関東地方は、沿岸部を中心に朝から気温があまり上がらず、午後4時までの最高気温は東京都心で22.3℃でした。10月中旬並みと、ひと月くらい先の気温で、日中も涼しいくらでした。関東地方では、今月に入ってから、曇りや雨の日が多く、最高気温も平年より低い日が続いています。ただ、あすは気温に変化が見られそうです。
あす10日(金)は雲が多いものの、晴れ間が出る所もあるでしょう。曇りマークのみの所も日差しがありそうです。
最高気温は30℃近くまで上がり、内陸部では30℃以上の真夏日になる所もあるでしょう。前橋で真夏日になれば、8月31日以来、10日ぶりのことになります。急に暑くなりますので、こまめな水分補給を心がけるなど、熱中症に警戒してください。

画像B

週間天気

画像C

この先も、雲の多い天気が続きますが、日差しの出る日もあるでしょう。ただ、水曜日から木曜日にかけては、雨の降る所が多くなりそうです。
最高気温は、これまでとは違って、日差しが少ない日でも30℃近くまで上がる所もあるでしょう。湿度が高くて、ムシムシとした暑さです。室内ではエアコンで温度だけでなく、湿度の調整も適切に行ってください。