あす11日以降の1週間は全国的に曇りや雨の日が多く、台風14号が近づく沖縄は13日頃まで先島諸島を中心に荒れた天気。その先は晴れのエリアが広がる見込み。

1週目:11日〜17日 全国的に曇りや雨 沖縄は台風14号に警戒

画像A

台風14号は12日から13日頃に沖縄の先島諸島に接近する見込みです。
沖縄では、あす11日から波が高くなり、12日はシケまたは大シケの海域が多くなるでしょう。特に与那国島地方沿岸の海域は、9メートルを超えるような猛烈なシケとなりそうです。また、与那国島地方を中心に風も強まり、12日には外出が極めて危険なほどの猛烈な風の吹く所がありそうです。大雨となるおそれもあります。荒れた天気は13日頃まで続くでしょう。
九州から北海道にかけて、湿った空気や前線の影響でスッキリしない天気。九州をはじめ西の地域を中心に雨脚の強まることもありそうです。なお、台風14号の動向によっては、期間の後半の天気が変わってくる可能性もあります。

2週目:18日〜23日 3連休は広く晴れ

画像B

3連休初日の18日は、午前中は多くの所で雨が降りますが、天気は回復へ。午後は次第に晴れるでしょう。19日から20日にかけても、高気圧に覆われて全国的に晴れる見込みです。
21日以降は高気圧が離れて、湿った空気が流れ込むでしょう。日差しはありますが、変わりやすい天気で、あちらこちらで雨雲が湧いてきそうです。

気温の傾向

気温は、1週目は全国的に平年並みか低い日が多いでしょう。特に、北海道や東北は、内陸を中心に朝晩の気温が低くなり、ヒンヤリを通り越して寒いと感じる日もありそうです。
2週目は、平年並みか高めの所が多くなりそうです。
朝晩も、気温があまり下がらず、西日本を中心に熱帯夜の所もあるでしょう。日中は、東海以西では連日のように30度くらいまで上がり、関東も真夏日に迫ることがありそうです。北陸や東北、北海道も、暑さの戻る日があるでしょう。