メイン画像

「猛烈」な勢力の台風14号が沖縄の南の海上を北上中。12日(日)から13日(月)にかけて八重山地方を中心に大荒れの天気に厳重警戒。その後東シナ海で足踏みしたあと週後半は日本列島に接近する予想に。台風への備えはお早めに。

13日(月)にかけて沖縄地方に接近 先島諸島では大雨や暴風に警戒

画像A

台風14号は11日(土)15時現在、沖縄の南の海上にあって、1時間に15キロの速さで、北北西に進んでいます。中心の気圧は910ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、中心付近の最大瞬間風速は80メートルで「猛烈な」台風です。中心から半径85キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。台風14号は今後、先島諸島近海を北上し、12日(日)午後に先島諸島に最も接近する見込みです。このため、八重山地方を中心に風が強まり、12日(日)昼過ぎから猛烈な風が吹くでしょう。

週明けは日本列島にも影響を及ぼす可能性も 早めの備えを

台風14号は先島諸島を通過したあと動きが遅くなる傾向です。13日(月)から15日(水)にかけて東シナ海で足踏みしたあと、16日(木)には進路を東寄りに変える可能性があります。週間天気図をご覧ください。16日(木)から18日(土)にかけて日本列島に低気圧が接近して通過する予想です。台風情報では5日先の16日(木)まで台風として進路が予想されています。17日から18日土曜日にかけて台風の性質を維持し、日本列島に近づく可能性が高くなっています。特に北海道から関東北陸など北日本や東日本を中心に等圧線が込み合っていて、天気が大きく荒れる可能性があります。

台風への備えはお早めに

画像C

台風接近前に身の回りの確認や備えることが肝心です。
1:雨どいや側溝などを掃除して、水はけを良くしておきましょう。落ち葉などで側溝が詰まって水が流れないと、道路が冠水する原因となります。
2:屋外に置かれている、飛ばされやすいもの(物干し竿、鉢植え、ゴミ箱など)は、しっかり固定するか、室内にしまうなどの対策をしましょう。商店などでは、看板が飛ばされたり、自動販売機が倒れたりしないか、確認してください。
3:暴風で飛ばされてきたもので、窓ガラスが割れないよう、窓は鍵をかけ、雨戸があれば閉めましょう。窓ガラスにガムテープを貼ると、風圧に耐えられるようになります。もしガラスが割れても、破片が飛び散るのを防ぐために、カーテンも閉めておいてください。