台風14号は、12日(日)に先島諸島に接近する恐れがあります。そのあと、東シナ海を北上し、動きが遅くなるでしょう。来週後半にかけても、台風14号の動向に注意が必要です。

12日(日) 台風14号 先島諸島にかなり接近する恐れ

画像A

台風14号は、11日(土)午後3時、沖縄の南を、北北西へ時速15キロで進んでいます。中心気圧は910hPa、中心付近の最大風速は55m/sで、猛烈な台風です。
台風14号は、非常に強い勢力で、12日(日)午後、先島諸島にかなり接近する恐れがあります。台風14号は、コンパクトな台風で、接近すると急に風や雨が強まるのが特徴です。
沖縄地方では暴風や高波に厳重に警戒し、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。特に八重山地方では、最大風速45メートル、最大瞬間風速65メートルの風が予想されています。過去に接近した台風では、風速40メートル以上の猛烈な風が吹くと、電柱の倒壊や車両の横転、住家の倒壊などの被害が発生しています。
12日(日)は、九州付近に前線が延びる見込みです。台風周辺の暖かく湿った空気が前線に流れ込み、前線の活動が活発になるでしょう。九州は雨が降り、南部を中心に雷を伴って激しく降る所もある見込みです。
台風の影響ではありませんが、北海道では局地的に大雨になる恐れがあります。北海道付近では、前線を伴った低気圧の通過で、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。雷を伴って、激しい雨が降る所がある見込みです。

台風14号 東シナ海を北上 動きが遅くなり停滞する予想 影響は?

9月以降の秋の台風は、日本付近まで北上すると、上空を流れる偏西風にのって、進路を東よりにとり、速度を上げることが多くあります。
ただ、来週中頃にかけて、偏西風は、北海道付近を流れる予想です。台風14号は、先島諸島に接近したあとも、偏西風にのることなく、13日(月)にかけて、東シナ海を北上する見込みです。さらに大陸からは、次第に高気圧が張り出すでしょう。台風14号は、14日(火)から16日(木)にかけて、高気圧に北上を阻まれ、ほとんど停滞する見込みです。この影響が、九州の太平洋側を中心に出てくる可能性があります。というのも、台風周辺の風は反時計回りです。この風の流れで、九州山地に、南東から流れ込む暖かく湿った空気がぶつかり、宮崎県など九州の太平洋側に発達した雨雲がかかり続け、雨量が多くなることがあるでしょう。

台風14号 来週後半は進路を東へとる可能性も 勢力はあまり衰えず

来週後半は、高気圧は中心を次第に東へ移す見込みです。台風14号は、東よりに進路をとる可能性があります。この場合は、九州など西日本に近づくでしょう。台風14号の動向によっては、九州から関東も、大雨の恐れがあります。

画像D

東シナ海や本州の南の海面水温は、27℃以上で、平年より高い海域をもあります。台風は海面水温が高いと勢力を維持、または発達するといわれています。台風14号の勢力は、今後、あまり衰えることはなさそうです。再び発達する可能性もあります。今後も、最新の台風情報をご確認ください。