台風14号は非常に強い勢力で12日(日)昼過ぎから夕方に先島諸島にかなり接近。八重山地方では猛烈な風・猛烈な雨・猛烈なしけに厳重に警戒。九州から関東などでも台風の影響を受ける恐れがあります。

台風14号の進路

12日(日)、非常に強い台風14号は与那国島の南南西を北上しています。台風14号は非常に強い勢力で、暴風域を伴って、12日(日)昼過ぎから夕方に先島諸島にかなり接近するでしょう。
台風14号はその後も北上しますが、15日(水)頃から華中でほとんど停滞し、17日(木)頃から北東へ進む予想です。

八重山地方を中心に猛烈な風・猛烈な雨・猛烈なしけ

画像B

台風の接近に伴い、八重山地方では、12日(日)昼前から暴風となり、昼過ぎから夜のはじめ頃にかけて猛烈な風が吹く見込みです。
12日(日)に予想される最大風速(最大瞬間風速)
八重山地方:45メートル(65メートル)
宮古島地方:20メートル(30メートル)
沖縄本島地方:18メートル(30メートル)
13日(月)に予想される最大風速(最大瞬間風速)
八重山地方:20メートル(30メートル)
宮古島地方:18メートル(30メートル)
沖縄本島地方:18メートル(30メートル)
過去に接近した台風では、風速40メートル以上の猛烈な風が吹くと電柱の倒壊や車両の横転、住家の倒壊などの被害が発生しています。風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒してください。宮古島地方や沖縄本島地方では強風に十分注意してください。
八重山地方では、台風周辺の発達した雨雲がかかっています。このあと台風の中心付近の発達した雨雲がかかり、多い所で1時間に80ミリの猛烈な雨が降るでしょう。13日(月)午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で八重山地方で180ミリです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒してください。
また、沖縄地方の沿岸の海域ではうねりを伴い、先島諸島では大しけとなっています。八重山地方では12日(日)昼前から猛烈なしけとなるでしょう。沖縄本島地方では、12日(日)夜遅くから大しけとなる見込みです。海岸付近には近づかないようにしてください。
台風の接近に伴い、八重山地方では12日(日)に、沖縄本島地方では13日(月)にかけて、海岸や河口付近の低地での高潮による浸水や冠水に注意が必要です。予想される最高潮位(標高)と高潮に注意が必要な期間は、八重山地方で1.7メートル(昼前から夜遅く)、沖縄本島地方で1.5メートル(夜のはじめ頃から13日(日)未明)です。

西・東・北日本への影響は?

画像C

台風14号は、17日(金)頃から黄海で北東へ進むでしょう。その後の進路の予想には幅があるような状況です。ただ、台風の東側には前線が延び、台風周辺の湿った空気が流れ込むでしょう。台風が近づく前から発達した雨雲がかかりそうです。
九州や奄美は14日(火)から18日(土)頃にかけて大雨や荒れた天気に、中国、四国から関東でも17日(金)から18日(土)頃にかけて雨や風が強まる恐れがあります。東北や北海道でも雨量が多くなる可能性があります。
今のうちにハザードマップや非常持ち出し袋の確認をしておくと良いでしょう。
なお、この予想は12日(日)午前中の資料をもとに作成しています。台風の動きによっては、大きく予報が変わる可能性があります。今後も最新の台風情報にご注意ください。