非常に強い台風14号は、先島諸島付近を北上しています。沖縄は、今夜にかけて暴風や高波などに厳重な警戒が必要です。今後、台風は九州や本州の方向へと進路を変える予想もあり、動向に注意が必要です。

先島諸島は一部暴風域に

画像A

台風14号は今夜にかけて、非常に強い勢力を保ったまま、与那国島の北西を北上する見込みです。
台風の接近している先島諸島では、すでに大荒れの天気となっています。
与那国島は台風の暴風域に入っていて、きょう12日午前11時過ぎには最大瞬間風速45.4メートルの暴風を観測しました。
これは、特急列車並みの速さの風で、走行中のトラックが横転するレベルです。
また、台風本体の活発な雨雲がかかっているほか、海上では波が高くなっています。
夜にかけて暴風や高波に厳重な警戒が必要です。土砂災害などにも警戒して下さい。

あすも雨や風が強い

画像B

台風は、あす13日になると次第に先島諸島を離れ、東シナ海をさらに北に進む見込みです。
ただ、あすも沖縄地方は雨や風が強く、海上では波の高い状態も続く見込みです。
あす正午までに予想される雨の量は、多い所で180ミリとなっています。
引き続き、台風の最新情報をこまめに確認して下さい。

九州や四国も強い雨

画像C

台風から離れている九州や四国でも、急な激しい雨や雷雨に注意が必要です。
東シナ海から前線がのびているほか、台風周辺からの湿った空気が流れ込んでいます。
この影響で、所々で雨雲が発達し、一時間に30ミリ以上の激しい雨を観測した所もあります。
台風から離れていても油断せず、雨雲レーダーで今いる場所や周辺の雨の様子を確認するなど、空模様に気を配って下さい。

台風の進路は次第に東へ

画像D

台風14号はこの先、東シナ海を北上後に一旦停滞したあと、金曜日頃になると次第に進路を東に変える予想です。
台風の進路予想図を見ると、あさって以降予報円が重なっているほか、予報円自体がかなり大きくなっています。
これは台風を移動させる風が弱く、進むスピードが非常に遅くなるだけでなく、進路自体の予想も難しいことを表しています。
まだ進路予想に幅がありますが、金曜日頃には東に進路を変え、九州や本州に向かう可能性があります。
今後もしばらくは、台風情報に注意して下さい。