台風14号は、東シナ海を北上した後、ほとんど停滞するでしょう。沖縄は台風の影響が長引きそうです。さらに、秋雨前線に向かって、台風周辺の湿った空気が流れ込むので、14日火曜は、九州で雨雲が発達するおそれがあります。長崎県を中心に、土砂災害に警戒が必要です。

沖縄 14日火曜にかけて 台風の影響が続く

台風14号は、13日月曜6時現在、1時間に25キロの速さで、東シナ海を北北東へ進んでいます。中心気圧は960ヘクトパスカル、発達のピークは過ぎましたが、依然として「強い」勢力です。
今後の進路ですが、台風14号は、14日火曜にかけて東シナ海を北上するでしょう。その後、16日木曜頃にかけて、ほとんど停滞する予想です。
このため、沖縄は、台風の影響が長引きそうです。沖縄本島地方と先島諸島では、13日月曜夕方まで、南または南西の強い風が吹くでしょう。沖縄本島地方と先島諸島で、13日月曜に予想される最大瞬間風速は、30メートルです。
また、沖縄本島地方と先島諸島の沿岸の海域では、うねりを伴いしけています。沖縄本島地方と先島諸島で、13日月曜に予想される波の高さは、5メートル(うねりを伴う)、14日火曜に予想される波の高さは、4メートル(うねりを伴う)となっています。海上や海岸付近では、14日火曜にかけて、うねりを伴う高波に、十分な注意が必要です。
さらに、沖縄本島地方と先島諸島では、14日火曜にかけて、積乱雲が発達し、落雷や竜巻などの激しい突風による被害の起こるおそれがありますので、ご注意ください。

14日火曜 九州で大雨の所も 土砂災害に警戒

画像B

一方、台風から離れた所でも、油断はできません。
九州付近には、秋雨前線が停滞していて、その前線に向かって、台風周辺の「暖かく湿った空気」が流れ込むでしょう。「暖かく湿った空気」は、大雨のもとになるため、台風が直撃しない所でも、大雨のおそれがあります。
このため、九州では、13日月曜午後は、雨の範囲が広がるでしょう。13日月曜の夜遅くからは、長崎県を中心に雨が強まり、14日火曜にかけて、九州のあちらこちらで、雨雲や雷雲が発達しそうです。雷を伴った「激しい雨」や「非常に激しい雨」が降り、大雨になる所がありますので、長崎県五島を中心に、土砂災害に警戒が必要です。
そして、13日月曜の午後は、四国も雨が降り出すでしょう。14日火曜は、本州でも所々で雨が降りそうです。台風から離れていても、お出かけには念のために傘をお持ちください。

台風の大雨 土砂災害から身を守るための情報

画像C

台風が近づくにつれて、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」が流れ込むので、雨が続いて、土砂災害が発生するおそれがあります。土砂災害から身を守るには、次の2つの情報をチェックするのが、おススメです。
1つめは、住んでいる場所(今いる場所)が、土砂災害が発生しやすいかどうか、確認することです。都道府県や国土交通省のホームページを見て、「土砂災害警戒区域」や「土砂災害危険個所」となっていれば、土砂災害のおそれがあります。ただ、土砂災害警戒区域でなくても、近くに「がけ」がある所は、注意が必要です。
2つめは、雨の情報を確認することです。パソコンやスマホで、雨雲レーダーを見ると、雨雲の様子を確認できますし、気象庁のホームページなどでは、「どれくらい雨が降ったか」という情報だけでなく、「土砂災害警戒情報」が発表されている所もわかります。土砂災害警戒情報が発表されたら、自治体からの避難指示の発令に特に注意しながら、安全な所へ避難してください。