メイン画像

向こう1週間の四国地方は、秋雨前線や台風14号と湿った空気の影響で雲が広がり、雨の降る日が多いでしょう。なお、台風14号(台風から変わる低気圧)の影響で17日〜18日頃は、四国地方でも太平洋側を中心に大雨や荒れた天気となる恐れがありますので、台風の最新の情報に注意してください。

台風14号の進路と今後の天気

画像A

画像B

東シナ海を北上している台風14号は、15日から16日にかけては動きが遅くなり、上海沖でほとんど停滞する見込みです。その後、17日頃になってようやく進路を東よりに変え、18日には日本海で温帯低気圧に変わる見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気の流れ込みが続くため、台風が接近する前から四国の太平洋側を中心に雨が断続的に降り、降水量が多くなる可能性があります。なお、台風の進路や速度の予想にはブレがありますので、最新の情報をこまめに確認するようにお願いします。

台風が近づく前の対策

画像C

直前になって慌てないように台風や大雨に備えて、日頃から非常持ち出し品の準備やチェックをしておきましょう。また、ハザードマップで危険個所を確認したり、避難場所や避難経路等についても把握しておくことが大切です。