きょう14日、九州付近は台風14号の影響で秋雨前線の活動が活発となり、雷を伴い局地的に非常に激しい雨や激しい雨が降るおそれがあります。落雷や竜巻などの激しい突風、雨の降り方にご注意下さい。また、沿岸海上は、強風やうねりを伴う高波が続きますので船舶は注意が必要です。

台風14号の動き

画像A

きょう14日午前9時現在、強い台風14号は東シナ海北部でほとんど停滞しています。上空の偏西風が弱いため、あさって16日まで東シナ海北部にほとんど停滞する見込みです。17日(金)になると、偏西風に乗って北東へ進み、対馬海峡付近を通過するでしょう。そして、18日(土)朝には日本海で温帯低気圧に変わる見込みです。
九州には17日(金)に台風が最も接近する見込みです。九州に近づく時は大量の水蒸気を運んでくるため、局地的に雨量が多くなるおそれがあります。また、沿岸海上を中心に南よりの風が強まる可能性があります。

秋雨前線活発 非常に激しい雨のおそれ

画像B

きょう14日、九州各地で雨が降り、雨脚が強まっている所があります。きのうの降り始めからのきょう午前11時までの雨量は、宮崎空港では300ミリに達するなど、九州南部を中心に大雨になっている所があります。土砂災害に警戒して下さい。
九州付近に延びる秋雨前線に向かって台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み前線は活動を強めながら、夜にかけて九州北部へ北上する見込みです。このあとも、九州は断続的に雨が降り、雷を伴い非常に激しい雨や激しい雨のおそれがあります。落雷や竜巻などの激しい突風、雨の降り方にご注意下さい。

九州 台風最接近は17日(金)ごろ

画像C

台風14号が、九州に最も接近するのは17日(金)ごろになる見込みです。
あす15日以降も、九州付近は台風からの湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定で、天気がぐずつき一時激しい雨が降る所があるでしょう。
特に、台風が最も接近する17日(金)は局地的に雨量が多くなるおそれがあります。また、沿岸海上を中心に南よりの風が強まる可能性があります。
海上はしばらくうねりを伴う高波が続きますので、船舶や釣りなどは注意が必要です。
週末になると、天気は次第に回復に向かうでしょう。
なお、台風の進路や速度によって今後、予報が変わる可能性がありますので、こまめに最新の情報をご確認下さい。