台風14号は17日から速度を上げ、18日にかけて九州から東北付近に接近・上陸の恐れがあります。18日には温帯低気圧に変わる見込みですが、再発達して強風域が拡大する恐れがあります。また、接近前から秋雨前線による大雨の恐れがあります。

接近前から大雨の恐れ 低気圧に変わっても強風エリアは拡大

画像A

台風14号は東シナ海で動きが遅くなっていますが、17日には南下する偏西風に流されるため速度を上げて、東よりに進む見込みです。
その後、18日にかけて九州から東北付近に接近または上陸する恐れがあります。
予報円はまだ大きいですが、台風がどこで偏西風の流れに乗るかによって、九州から関東方面へ向かうか、日本海から東北方面へ向かうかが分かれます。台風が動き始める16日頃には予報円がもう少し絞られそうです。
台風は18日には温帯低気圧に変わる見込みですが、北側の寒気と南側の蒸し暑い空気がぶつかりあうことで、温帯低気圧として再び発達する見込みです。
台風でなくなったとしても、強い風の吹く範囲は広がる恐れがありますので、油断できません。
また、台風の北〜東側には秋雨前線が停滞しているため、すでに九州では大雨になっています。
今後は秋雨前線も台風の動きに合わせて北上する予想で、各地で台風の接近前から大雨になる恐れがあります。

16日までに備えを

画像B

まだ予想に幅がありますが、接近前の17日頃から秋雨前線の影響で大雨になる恐れがあり、風も強まりそうです。
東北地方で最も影響が大きくなるのは18日頃とみられ、台風の進路によっては大雨や暴風となり、海は大しけの恐れがあります。
強風や高波の影響は、天気の回復する19日も続くでしょう。
備えは、比較的穏やかな16日までに済ませるようにしてください。

備えの参考に

画像C

平日のうちに防災用品や避難場所の確認を済ませておきましょう。
コロナ禍での万が一の避難に備えて、消毒液やマスク、石鹸なども多めに準備しておくと安心です。
崖や川の近くにお住いの方は、今後の情報を確認しつつ、安全な場所にある親戚や友人の家へ移動することも検討して、連絡を取りあうようにしてください。
漁船なども16日頃には固定する必要がでてくるかもしれません。稲刈りなども早めに進めておくと良さそうです。