台風14号は、東シナ海で停滞。しかし、あす16日(木)以降、次第に進路を東よりに変えるでしょう。週末にかけて大荒れや大雨のおそれがあります。今後の動向に注意が必要です。

台風14号の今後の動き

台風14号は、きょう15日(水)は東シナ海で停滞する見込みです。あす16日(木)にかけても東シナ海に留まりますが、次第に東よりに進路を変え、17日(金)から18日(土)にかけて、速度を上げながら東に進む見込みです。18日(土)には日本海で温帯低気圧に変わりますが、油断はできないでしょう。日本付近に大きく影響をもたらしそうです。

週末にかけて大荒れ・大雨のおそれ

画像B

台風14号が東に進み始める17日(金)から18日(土)にかけて、九州から北海道の広い範囲で、大荒れや大雨のおそれがあります。九州や四国などでは、台風接近前から秋雨前線による雨が降り、既に宮崎県などで平年9月の1か月分の雨量を超えている所もあります。再び大雨となるおそれがありますので、土砂災害などに注意が必要です。また台風から温帯低気圧に変わっても油断はできません。むしろ強風の範囲は大きくなるでしょう。九州から北海道の広い範囲で風も強まり、横殴りの雨になることもありそうです。交通機関への影響も考えられますので、今後の台風の動向に注意してください。