きょう16日(木)は、台風14号や前線の影響で、九州や四国では雷を伴った激しい雨が降る所も。中国や近畿、東海、関東も所々で雨が降るでしょう。

九州や四国は非常に激しい雨や激しい雨に注意

画像A

きょう16日(木)も台風14号は東シナ海で動きがゆっくりなままでしょう。また、秋雨前線が九州から四国の南に停滞しており、前線に向かって台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込む予想です。西日本で大気の状態が非常に不安定となりそうです。
九州や四国は所々で雨雲が発達し、局地的には雷を伴って非常に激しい雨や激しい雨が降るでしょう。非常に激しい雨や激しい雨が降ると、道路が一気に川のようになってしまうこともあります。アンダーパスなど低い道路の冠水にご注意ください。
中国や近畿も次第に雲に覆われ、午後は所々で雨が降るでしょう。東海は大体晴れますが、急な雨にご注意ください。関東、東北の太平洋側は雲が広がりやすく、雨の降る所があるでしょう。外出の際は雨具があると安心です。北陸と東北の日本海側、北海道は大体晴れる見込みです。
沖縄は朝まで所々で雨や雷雨になるでしょう。日中は次第に晴れそうです。

東海以西は蒸し暑く

画像B

最高気温は沖縄や九州は30℃以上で、蒸し暑さが続くでしょう。中国、四国から東海、北陸は29℃ほどと、残暑が続きそうです。関東は25℃くらいで、きのう15日(水)より5℃くらい低くなるでしょう。残暑が和らぎそうです。東北と北海道は23℃ほどの所が多いでしょう。