メイン画像

台風14号は、17日金曜午後、西日本に上陸する予想で、上陸すれば、今年3つめの「上陸した台風」になります。18日土曜にかけては、西日本を中心に大荒れの天気が続き、西日本から北日本の広い範囲で、大雨となる所があるでしょう。土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水や川の増水・氾濫などに、警戒してください。

台風14号 17日金曜の午後 上陸へ

台風14号は、17日金曜7時には、長崎県五島市の西およそ180キロの海上にあって、1時間に15キロの速さで、北東へ進んているとみられます。すでに、九州の西側の広い範囲が、台風の強風域に入っています。
台風14号は、この後、進路を次第に東よりに変えて、17日金曜午後には、西日本に上陸する予想です。今年はすでに、7月に台風8号が東北に上陸、8月に台風9号が九州に上陸していますので、今回、台風14号が上陸すれば、今年、3つめの「上陸した台風」になります(速報値)。
この台風14号は、上陸した後、18日土曜にかけて、温帯低気圧の性質を帯びつつ、東日本へ進むでしょう。

西日本を中心に 暴風・高波・高潮に警戒

画像B

今回の台風で警戒すべきポイント、まずは、西日本を中心に「暴風・高波・高潮」です。
台風が上陸する西日本では、17日金曜と18日土曜は、雨が強まるだけでなく、風が吹き荒れて、大荒れの天気となるでしょう。東日本では、18日土曜になると、非常に強い風が吹きそうです。
18日にかけて予想される最大瞬間風速は、九州北部地方・中国地方・四国地方・近畿地方で35メートル、九州南部・東海地方・関東甲信地方・東北地方で30メートルです。
また、西日本や東日本では、海はうねりを伴って、大しけとなる所があるでしょう。18日にかけて予想される波の高さは、九州北部地方・九州南部で6メートル、四国地方・近畿地方・東海地方・関東甲信地方で5メートルです。
暴風や、うねりを伴った高波に、警戒が必要です。
さらに、西日本では、潮位が高い時期と、台風接近のタイミングが重なるため、高潮のおそれがあります。17日午後から18日はじめにかけては、高潮にも警戒してください。

普段は雨量の少ない所でも大雨に 土砂災害に厳重警戒

画像C

さらに、台風14号が上陸するだけでなく、台風の東側には前線が停滞しているため、台風本体が近づく前から雨が強まるでしょう。西日本では17日金曜を中心に、東日本では18日土曜を中心に、雷を伴った「非常に激しい雨」が降り、大雨になる所がありそうです。
特に、今回は「普段、雨の少ない所でも、雨量が多くなるおそれがある」というのが警戒すべきポイントです。
18日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、四国地方300ミリ、九州北部地方・東海地方250ミリ、中国地方・近畿地方200ミリ、九州南部150ミリ、関東甲信・北陸地方120ミリ、東北地方100ミリとなっています。
雨は、東日本を中心に、18日土曜も降り続くため、雨量はさらに増えるでしょう。19日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、東海地方200から300ミリ、関東甲信地方100から200ミリ、近畿地方・東北地方100から150ミリ、北陸地方50から100ミリです。
土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水や川の増水・氾濫に、警戒が必要です。また、雨雲レーダーなどで、最新の気象情報を確認してください。