台風14号は東北地方から離れて進む予想ですが油断できません。台風北側に雨雲がまとまっています。このあと低気圧が発生する見込みで、18日に東北地方を通過し、大雨になる恐れがあります。17日夕方までは降ったとしても弱い雨なので、大雨への備えを済ませましょう。

台風は遠くても…東北には別の低気圧が近づき大雨に

画像A

台風14号は17日(金)夕方から夜のはじめ頃に九州北部地方へ上陸する見込みです。
その後、温帯低気圧の性質を帯びながら19日(日)にかけて西日本から東日本を通過するでしょう。
台風の予想進路だけをみると、東北からは離れて進むように見えますが、油断しないでください。
18日(土)朝までに、台風北側の日本海に別の低気圧が発生する見込みで、すでに雨雲がまとまっています。この影響を強く受けて、17日(金)夜以降、東北でも大雨の恐れがあります。

雨のピークは18日(土)明け方から 激しい雨に警戒

画像B

東北の雨の降りだしは、早い所で17日(金)夕方からで、夜は各地で雨が降り、強まり始めるでしょう。
大雨のピークは、18日(土)明け方から昼頃の所が多く、局地的に1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る恐れがあります。
岩手県、宮城県、福島県の沿岸部は、台風14号の影響も受けて、18日(土)昼過ぎないし夕方にかけて大雨になる所があるでしょう。
【東北 予想24時間降水量(多いところ)】
18日午前6時まで
太平洋側 80ミリ
日本海側 100ミリ
19日午前6時まで
太平洋側 50〜100ミリ
日本海側 100〜150ミリ
土砂災害や川の増水、低い土地の浸水に警戒が必要です。
17日(金)夕方までは比較的穏やかです。側溝の掃除をしたり、翌日の分まで買い出しを済ませたりしておくと良さそうです。
ハザードマップや避難場所、防災用品も改めて確認しましょう。
また、18日(土)は太平洋側の海上を中心に南風が強く、しける見込みです。
海岸には近づかないでください。漁船などは17日(金)のうちに固定しておきましょう。

20日敬老の日は穏やかな秋晴れ 来週後半は汗ばむ陽気

画像C

19日(日)は天気が回復へ向かいますが、沿岸は強風や高波に注意が必要です。
20日(月)敬老の日から21日(火)は穏やかな秋晴れでしょう。お墓参りなどにも良さそうです。
22日(水)から23日(木)秋分の日は、寒冷前線が通過して、日本海側を中心にザっと雨脚が強まる可能性があります。
来週は気温が高めの傾向です。
最高気温は大雨になる18日(土)は平年並みか低いものの、その後は平年より高い日が多い予想です。
22日(水)頃は、内陸で30度以上の所もあるでしょう。
ただ、良く晴れた日の朝は気温が下がり、一日の寒暖差が大きくなります。大雨の後は体調管理に気を付けましょう。