台風14号が西日本へ近づいていて、あす18日の午前中に近畿を直撃する恐れがあります。近畿地方は各地とも断続的に雨が降り、特に、接近や上陸が見込まれる17日夜からあす18日の午前中にかけては、非常に激しい雨の降る所があるでしょう。暴風が吹き荒れ、南部の海上は波が高まり、5メートルとしける見通しです。また、満潮時刻と重なることから高潮の発生も考えられます。大雨による災害や強風、高波、高潮に警戒・注意をしてください。

対策は明るいうちに

画像A

まだ雨風が強くないうちに、ベランダにある物干し竿や植木鉢などを屋内に入れ、自転車などの大きなものは倒れないようにロープで固定しましょう。雨戸やシャッターなどはしっかりと閉めてください。また、暗い時間帯の移動はリスクを伴いますので、明るいうちに避難行動をしてください。