台風14号は、あす18日昼前から、東海地方にかなり接近するでしょう。今夜以降、雨は次第に強まり、あす18日は大雨や暴風・高波に警戒が必要です。

台風14号は、きょう17日16時現在、長崎県壱岐市付近にあって、東北東へ進んでいます。今夜はじめ頃までには、九州北部に上陸する見通しで、あす18日にかけて西日本から東日本を東へ進む見込みです。東海地方には、あす18日昼前から、かなり接近するでしょう。
今夜からあす18日にかけて、東海地方では、台風に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の非常に不安定な状態が続く見込みです。
雷を伴って激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。
土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、強風、高波に注意・警戒し、竜巻などの激しい突風、落雷、高潮に注意して下さい。

予想される24時間降水量

画像B

特に、三重県の南部では、台風が接近する前から暖かく湿った空気の影響で、雨雲がかかりやすくなっていること、また、台風接近時にも非常に活発な雨雲がかかるため、総雨量が多くなる見込みです。また、静岡県では、台風の接近に伴い、台風の東側の非常に活発な雨雲がかかるため、総雨量が多くなるでしょう。その他の地域でも、大雨に厳重に警戒して下さい。

暴風や高波・高潮にも注意・警戒

画像C

台風の接近・通過に伴い、暴風や高波・高潮にも注意・警戒が必要です。
風は台風の接近に伴い、次第に強くなり、あす18日は、瞬間的に20メートル〜30メートルの非常に強い風が吹く恐れがあります。これは、何かにつかまっていないと立っていられない、細い木の枝が折れたり、看板が落下・飛散するほどの風の強さです。なお、台風の進行速度によっては、風と雨のピークが長引く可能性があります。
屋外で飛ばされそうなものなどは固定したり、家の中へ移動させておくのがおすすめです。暴風が吹き始めたら屋外での行動は控えましょう。
また、台風の接近に伴い、普段は波が来ないような所まで波が押し寄せることがあります。海岸には絶対に近づかないようにして下さい。

週間天気 数日の周期で天気が変わる

画像D

あす18日、台風14号が通過した後は、しばらく秋晴れが続くでしょう。その後、来週中頃は、前線や低気圧が通過するため、雨が降りそうです。
気温は、30度近くまで上がる日もあり、日中は、まだまだ半袖で過ごせる陽気が続きそうです。