あす18日(土)関東では、台風が接近する前から、雨や風が強まりそう。土砂災害などに注意、警戒が必要です。

滝のような非常に激しい雨も

画像A

台風14号は、きょう17日(金)午後4時には長崎県壱岐市付近を、1時間に約30キロの速さで東北東に進んでいます。このあと西日本を通過し、あす18日(土)夜には東海道沖で温帯低気圧に変わる予想です。
関東は台風周辺から流れ込む湿った空気や前線の影響で、発達した雨雲がかかるでしょう。18日(土)日付が変わる頃には雨脚が強まり、1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る所がありそうです。関東南部は、1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る所も。発達した雨雲の下では、落雷や突風にも注意が必要です。
あす18日(土)は午後ほど風も強まりそうです。沿岸部を中心に南よりの風が強く、台風が低気圧に変わって通過したあとも、北よりの吹き返しの風が強く吹くでしょう。風に向かって歩けないくらいの強風で、車は横風に流されるような感覚を受けるくらいです。
関東に近づく頃には低気圧に変わる見込みですが、大雨や強風の範囲がより広がることが考えられます。交通機関に影響が出る可能性もありますので、最新の情報を確認して下さい。

予想降水量

画像B

【予想降水量】(24時間・多い所)
●あす18日(土)午後6時まで
関東南部 200ミリ
関東北部 120ミリ
伊豆諸島 150ミリ
●18日(土)午後6時〜19日(日)午後6時まで
関東南部、伊豆諸島 100ミリ〜150ミリ
関東北部 50ミリ〜100ミリ
土砂災害やアンダーパスなどの低い土地の浸水、川の増水に注意、警戒して下さい。

風・波の予想

画像C

【風の予想】あす18日(土) 最大風速(最大瞬間風速)
関東地方の陸上 15メートル(30メートル)
関東地方の海上、伊豆諸島 18メートル(30メートル)
【波の高さ】あす18日(土)
関東、伊豆諸島 4メートル うねりを伴う
高波には注意、警戒が必要です。19日(日)も、うねりを伴ってしける所があり、台風が関東から離れても、海上は影響が残るでしょう。