台風14号は、17日金曜日の19時前に福岡県福津市付近に上陸しました。台風14号はこのあと中国や四国、近畿を通過し、18日土曜日の夜には東海道沖で温帯低気圧に変わる見込みです。また、18日土曜日の朝には日本海に低気圧が発生し東北や北海道に近づきそうです。全国的に、暴風や大雨の恐れがあります。

台風14号 18日夜には東海道沖で温帯低気圧に変わる

画像A

台風14号は17日22時現在、山口県防府市の南東約40キロを時速30キロの速さで東に進んでいます。中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートルです。
台風14号は、このあとも東よりに進み、温帯低気圧の性質を帯びつつ、18日夜には東海道沖で温帯低気圧に変わる見込みです。
九州の雨はピークは過ぎつつありますが、これまでの雨で地盤が緩んでいる所があります。引き続き土砂災害に警戒が必要です。中国地方や四国は、18日明け方にかけて、近畿、東海、関東は、18日夜にかけて、大雨に警戒・注意して下さい。
19日0時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、
東海は、250ミリ、
四国、近畿、関東甲信は、200ミリとなっています。
18日にかけて予想される最大瞬間風速は、
四国、中国地方、近畿は、35メートル、
九州北部、東海は、30メートルとなっています。

日本海に低気圧発生 東北と北海道も大雨による土砂災害に警戒

画像B

台風14号の進路にあたらない、東北や北海道も注意が必要です。
18日の朝には日本海に低気圧が発生し、発達しながら東北や北海道に近づく見込みです。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、東北の太平洋側では低気圧に向かって南よりの強い風が吹きそうです。
18日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 120ミリ、
東北太平洋側 180ミリ、
北海道太平洋側西部 180ミリ、
北海道日本海側南部と太平洋側東部 150ミリとなっています。
18日に予想される最大瞬間風速は
東北太平洋側の海上で30メートルとなっています。

避難所への避難が困難な場合

画像C

すでに夜遅い時間でこれから避難所への避難は危険な場合もあります。
避難所へ避難できない場合は、近くにある鉄筋コンクリート製などの頑丈な建物のできるだけ高い階に避難してください。近くに該当する建物がなく自宅に居る場合でも同様にしてください。
近くに山や崖など、崩れる恐れのある斜面がある場合は、斜面から離れた部屋に避難してください。