きょう9月18日、台風14号の接近に伴い雨脚が強まりだしています。今後強い風も加わり、3連休初日は、関東で大荒れの天気に。交通への影響も懸念。最新情報の確認を。

台風14号(最新情報)

画像A

昨夜、福岡県に上陸し、きょう未明、愛媛県に再上陸した台風14号。3時現在は、徳島県三好市の南東約30キロにあり、東に進んでいるとみられます。台風14号は今後も東よりに進み、あす19日0時までに温帯低気圧に変わる見通しです。
台風接近前の関東では日付が変わってから雨が強まりだしています。神奈川県海老名市では2時までの1時間に20.5ミリの強い雨を観測。千葉県内では外房エリアを中心に既に最大瞬間風速が15メートルを超えています。(銚子市)

今後の見通し(18日)

関東はきょう18日は、終日雨や風が強く、大荒れの天気が続く見込みです。予想される1時間雨量は、いずれも多いところで東京都や神奈川県で40ミリ、予想される24時間雨量は神奈川県で200から300ミリ、東京都で150から200ミリです。雨のピークは朝から昼ごろとみられ、雨雲が予想以上に発達すると警報級の大雨のおそれがあります。また、雨が弱まっても風の強い状態が続くとみられ、海岸沿いを走る鉄道や道路では強い横風で走行が困難になる可能性があります。気象情報に加え、交通情報は常に最新のものをご確認ください。