あす21日は「中秋の名月」で、8年ぶりに同じ日に「満月」となります。9月の満月は、英語圏では「ハーベストムーン」と呼ばれます。21日夜の天気は、北と南では晴れる所が多くなりそうですので、ぜひ夜空を眺めてみてください。

8年ぶり「中秋の名月」と「満月」が同じ日

画像A

今年の「中秋の名月」は、あす21日。「中秋の名月」は「芋名月」とも呼ばれ、秋の夜空を飾ります。しかし、「中秋の名月」は、必ずしも「満月」になるとは限りません。
国立天文台によりますと、理由は2つ。1つは「中秋の名月」は、太陰太陽暦の日付(新月からの日数)で決まりますが、「満月」は、太陽、地球、月の位置関係で決まるからです。もう1つは、月の公転軌道が楕円形なので、新月から満月までの日数が変わるからです。
ただ、今年は8年ぶりに「中秋の名月」と「満月」が同じ日になります。また、満月には、英語圏で様々な呼び名があり、9月の満月は、収穫の時期なので、「ハーベストムーン」と呼ばれます。そんな満月を、あす21日は、ぜひ、楽しみたいものです。

21日夜 晴れるのはどこ?

画像B

気になる天気ですが、あす21日夜は、北海道と東北、沖縄は、広い範囲で晴れる見込みです。お月見に良さそうですが、北海道や東北では、スッキリと晴れる所ほど、空気がヒンヤリしてきますので、体を冷やさないよう、注意が必要です。
一方、関東から九州は、雲が広がりやすく、雨の降る所もあるでしょう。ただ、雲の間から、月を見られる所もありますので、ぜひ、夜空を見上げてみてください。