きょう22日(水)は前線の通過に伴って、西から東へと雨の降る範囲が広がるでしょう。局地的に激しい雨や雷雨となることもありますので、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などにご注意ください。

西日本から北日本を前線が通過

画像A

きょう22日(水)は前線が西日本から北日本を通過します。この前線に向かって流れ込む暖かく湿った空気と上空の寒気の影響で、大気の状態が不安定になりそうです。局地的に雨雲や雷雲が発達するでしょう。

局地的に激しい雨も 九州は次第に天気回復

画像B

九州では未明から明け方にかけて1時間に30ミリ前後の強い雨や激しい雨が降りました。九州や中国地方の雨のピークは明け方くらいまでで、局地的に激しい雨や雷雨の所がありそうです。昼頃まで雨の残る所がありますが、次第に天気が回復して晴れてくるでしょう。四国や近畿は昼頃から夕方にかけて雨が降る見込みです。急な強い雨や落雷に注意が必要です。東海は雨が断続的に降り、局地的に激しく降りそうです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などにご注意ください。短時間にザッと雨が降ると、道路が一気に冠水してしまうこともありますので、車を運転する際など、道路状況をよく確認するようにしてください。

外出時、晴れ間があっても雨具の用意を

画像C

関東甲信は晴れ間の出る所もありますが、雲が多く、午後を中心に所々で雨や雷雨となるでしょう。北陸も昼頃から雨で、所々で激しく降りそうです。落雷や突風にご注意ください。東北ははじめ晴れますが、次第に天気は下り坂で、昼頃から雨の降りだす所があるでしょう。北海道は雲が多く、昼頃から次第に雨が降る見込みです。沖縄も日差しが出ますが、朝から夕方にかけて、所々でにわか雨がありそうです。外出の際に晴れている所でも、念のため傘を持参すると安心です。