今朝(22日)は、九州や東海に発達した雨雲がかかり、1時間に30ミリ以上の激しい雨の降った所がありました。

三重県・長崎県・鹿児島県で1時間に30ミリ以上の激しい雨

今朝(22日)は、九州や東海に発達した雨雲がかかりました。三重県大台町宮川では1時間に35.5ミリ、鹿児島県十島村中之島で33.5ミリ、雲仙岳で32.5ミリ、島原市で30.5ミリなど、局地的に激しい雨が降りました。朝の通勤通学の時間帯は、前線の通過している九州や中国地方を中心に雨雲が発達しており、また北海道や東北の日本海側、北陸でも雨雲のかかり始めている所があります。

次第に雨雲は東へ 東海や北陸などで激しい雨に

画像B

九州は前線通過後は次第に雨がやみ、天気が回復して晴れてくるでしょう。雨雲は徐々に東へ移り、近畿や東海、北陸を中心に雨が降る見込みです。特に東海や北陸では局地的にバケツをひっくり返したように激しく降ったり、雷が鳴ったりするでしょう。関東甲信でも急な強い雨や雷雨の所がありそうです。東北は午前中は晴れますが、次第に雨が降りだし、夕方から激しい雨の降る所があるでしょう。