23日秋分の日も、残暑が続きます。九州から関東にかけては、晴れて、最高気温が30℃以上の地点が22日よりもさらに増える見込みです。

22日は寒冷前線通過で広く大気不安定

画像A

22日(水)は、寒冷前線の通過により、近畿や東海、北陸、北日本の日本海側を中心に雨雲や雷雲がかかりました。それでも、全国の191地点(午後4時まで)で最高気温が30度以上の真夏日となるなど、厳しい残暑となりました。夜は、関東や東北でも大気の状態が不安定で、あちらこちらで、にわか雨や雷雨となりそうです。

23日秋分の日 関東から西は天気回復 真夏日増加

23日(木)秋分の日は、寒冷前線が東の海上に抜けて、西から高気圧に覆われてきます。関東から西では天気が回復して、30度以上の地点がさらに増える見込みです。比較的カラッとした暑さの所が多いですが、日差しが強いので、お墓参りなど外出される際は、熱中症対策をしてください。
一方、北日本は低気圧の影響で、大気の不安定な状態が続きますので、局地的な雷雨に注意が必要です。

画像C