24日金曜は、広く晴れて、関東から西では真夏日の所もあるでしょう。一方、北海道は天気が回復しますが、秋の空気に入れ替わりそうです。服装選びに、ご注意ください。

広く晴れるが 関東など にわか雨の所も

画像A

きょう24日金曜は、本州付近は、大陸に中心をもつ高気圧に、緩やかに覆われるでしょう。
そのため、九州から関東では、日中は広く晴れる見込みです。日本では、1年のうちで、春から初秋にかけて紫外線が強まり、4月〜9月に1年のおよそ70〜80%の紫外線が降り注ぎます。24日金曜の紫外線情報をみますと、東海から西では、一番上のレベルの「きわめて強い」となっており、東京は「非常に強い」予想です。9月も後半ですが、まだ紫外線対策が必要です。
ただ、関東では、夜は所々で雨が降るでしょう。雨は降ったとしても、強い雨ではありませんが、夜までお出かけの方は、傘をお持ちになると安心です。
北陸は雲が多く、新潟を中心に、雨の降りやすい状態が続くでしょう。東北は日本海側ほど雲が広がり、雨雲に変わる所がありそうです。こちらも、念のために、雨具をお持ちください。
一方、北海道では、朝まで雨や雷雨の所がありますが、天気は西から回復へ向かう見込みです。
沖縄は晴れますが、八重山地方や宮古島地方、大東島地方では、大気の状態が不安定で、雨や雷雨の所があるでしょう。落雷や突風、急な強い雨に、ご注意ください。

真夏日の続く所もあるが 北は秋の涼しさに

画像B

最高気温は、沖縄や九州から関東では、平年並みか高い所が多いでしょう。30℃前後まで上がり、真夏日の続く所がありそうです。高知市は2日連続、埼玉県熊谷市は3日連続、鹿児島市は5日連続の真夏日になるでしょう。昼間は残暑が続きますが、朝晩と日中との気温差が大きくなりますので、羽織る物で調節してください。
一方、東北や北海道の最高気温は、23日木曜ほど上がらない所が多いでしょう。札幌市は、23日木曜より7℃も低く、約半月ぶりに20℃に届かない予想です。日差しがあっても、北風が吹くため、昼間も上着がないとヒンヤリと感じられるでしょう。服装選びに、お気をつけください。