台風16号の影響で、沖縄は28日(火)は大しけに、西日本から北日本の太平洋側も、30日(木)から10月1日(金)頃は、大しけになり、警報級の高波になる恐れがあります。

台風16号北上 10月1日(金)には非常に強い勢力で伊豆諸島近海へ

画像A

27日(月)正午、台風16号は、沖ノ鳥島近海を北へゆっくり進んでいます。中心気圧は935hPaで、非常に強い勢力です。強風域が広がり、大型の台風になりました。今後も北上を続け、28日(火)には猛烈な勢力になり、30日(木)にかけて日本の南を北上する見込みです。10月1日(金)には、非常に強い勢力で、伊豆諸島近海を進むでしょう。

台風16号北上で波高まる 伊豆諸島を中心に猛烈なしけの恐れも

台風16号の影響で、沖縄地方では大東島地方を中心に波が高まり、28日(火)は、うねりを伴って大しけになる所があるでしょう。28日(火)に予想される波の高さは、沖縄地方6メートルです。
29日(水)には、奄美地方や小笠原諸島でも大しけになる見込みです。29日(水)に予想される波の高さは、沖縄地方、奄美地方、小笠原諸島6〜8メートルです。
30日(木)から10月1日(金)頃にかけて西日本から東日本の太平洋側で、北日本の太平洋側でも10月1日(金)頃に大しけになり、警報級の高波になるでしょう。伊豆諸島を中心に、猛烈なしけになる恐れがあります。うねりを伴った高波に警戒してください。

すでに波浪注意報が発表されている地域も

画像C

27日(月)、沖縄や、西日本や東日本の太平洋側では、波浪注意報が発表されている地域があります。まだ台風が近づいていなくても、台風によって発生した高波が、うねりとなって、日本の太平洋沿岸まで伝わってきます。海岸には高波が打ち寄せることがありますので注意が必要です。釣りやサーフィンをしたり、海を見るために海岸へ出かけたり、むやみに海岸には近付かないようにしましょう。