台風16号は、徐々に速度を速めながら北上し、10月1日(金)に「非常に強い勢力」で、伊豆諸島にかなり接近する見込み。関東も広い範囲で雨が降り、暴風となる所がありそうです。今のうちに台風への備えを。

台風の今後の進路

大型で非常に強い台風16号は、29日(水)午前6時現在、日本の南を1時間に10キロの速さで北上しています。
今後、さらに日本の南を北上し、30日(木)ごろから次第に北東へ進路を変える見込みです。徐々に速度を速めながら、10月1日(金)には非常に強い勢力で伊豆諸島にかなり接近する恐れがあります。その後、日本の東を北東に進み、3日(日)までに温帯低気圧に変わるでしょう。

太平洋側の沿岸部で大しけに 関東では暴風にも警戒

きょう29日(水)、大東島地方では大しけとなっていて、奄美の沿岸の海域でも今夜からあす30日(木)にかけて、うねりを伴って大しけとなりそうです。小笠原諸島や伊豆諸島では、あす30日(木)から、関東地方でも10月1日(金)から2日(土)頃にかけて、海上ではうねりを伴って大しけとなる見込みです。特に、台風がかなり接近する伊豆諸島では、10月1日(金)は猛烈にしけるでしょう。関東は10月1日(金)は沿岸部を中心に暴風となる所がある見込みです。最大瞬間風速35メートルから45メートルと、何かつかまっていないと立っていられないほどの暴風が吹く恐れもあります。暴風や高波に厳重に警戒してください。海上や海岸付近では、うねりを伴った高波に十分注意してください。
また、伊豆諸島では30日(木)夜のはじめ頃から激しい雨が降り、10月1日(金)は関東の広い範囲で雨となりそうです。伊豆諸島を中心に大雨となる見込みです。通勤通学の時間帯に影響が出る可能性もありますので、最新の情報を確認して行動するようにしてください。また、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意してください。

早めに台風への備えを

画像C

台風の暴風に備えて、事前に3つの点をチェックしておきましょう。
1つめは、雨どいや側溝などを掃除して、水はけを良くしておきましょう。落ち葉などで側溝が詰まって水が流れないと、道路が冠水する原因となります。
2つめは、屋外に置かれている、飛ばされやすいもの(物干し竿、鉢植え、ゴミ箱など)は、しっかり固定するか、室内にしまうなどの対策をしましょう。商店などでは、看板が飛ばされたり、自動販売機が倒れたりしないか、確認してください。
3つめは、暴風で飛ばされてきたもので、窓ガラスが割れないよう、窓は鍵をかけ、雨戸があれば閉めましょう。窓ガラスにガムテープを貼ると、風圧に耐えられるようになります。もしガラスが割れても、破片が飛び散るのを防ぐために、カーテンも閉めておいてください。