メイン画像

台風16号が最接近している伊豆諸島の三宅坪田では、最大瞬間風速41.7メートルを観測しました。関東でも風や雨が強まっており「最大瞬間風速20メートル以上」や「激しい雨」を観測した所もあります。伊豆諸島は、1日金曜夕方にかけて、高波・暴風・大雨に厳重な警戒を続けるとともに、関東では、帰宅時間も、沿岸部を中心に高波・暴風・大雨に警戒してください。

伊豆諸島は大荒れに 関東の一部が暴風域に

台風16号は、1日金曜午前、「大型で非常に強い」勢力を保ったまま、伊豆諸島に最も近づいていて、伊豆諸島では大荒れの天気になっています。三宅島の坪田では、最大瞬間風速41.7メートル(11時18分)を観測しました。
また、11時現在、千葉県の一部が台風の暴風域に入っており、沿岸部を中心に、風が吹き荒れています。千葉県銚子市では最大瞬間風速25.0メートル(11時27分)を観測しました。
さらに、千葉県では雨も強まり、勝浦市では、11時25分までの1時間に39.0ミリの「激しい雨」を観測しました。

暴風 警戒はいつまで?

画像B

1日金曜午後は、台風の北上に伴い、荒れた天気のエリアが北へ移るでしょう。
伊豆諸島では、1日金曜夕方にかけて、一部の電柱が倒壊したり、建物の一部が広範囲に飛散するおそれもあるほどの「猛烈な風」が吹きそうです。不要不急の外出を控え、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒してください。その後も1日金曜夜のはじめ頃にかけて「非常に強い風」が吹く見込みです。
そして、関東地方の沿岸でも、風の強い状態が続くでしょう。1日金曜の帰宅時間も、風の吹き荒れる所がありますので、交通機関に影響がでる恐れがあります。さらに、2日土曜未明にかけても「非常に強い風」が吹く所がありますので、暴風に警戒が必要です。
また、伊豆諸島と関東地方の沿岸では、塩害にも注意してください。

高波・高潮 警戒はいつまで?

画像C

今回は、高波や高潮にも警戒が必要です。
すでに、伊豆諸島では、うねりを伴った猛烈なしけとなっている所があり、関東地方では大しけとなってます。伊豆諸島では引き続き1日金曜夕方にかけて、関東地方では1日金曜夕方から夜遅くにかけて、猛烈にしける所がありそうです。高波に厳重な警戒が必要です。小笠原諸島では1日金曜夜遅くにかけて、高波に警戒してください。
また、台風の接近に伴って潮位が高くなる所があるため、1日金曜は、伊豆諸島と関東地方では、高潮にも、お気をつけください。

大雨 警戒はいつまで?

画像D

1日金曜午後は、大雨エリアが、さらに北へ広がるでしょう。
伊豆諸島では、1日金曜昼過ぎにかけて「非常に激しい雨」が降って大雨となりそうです。ただ、すでに大雨になっており、これまでの大雨によって、土砂災害の危険度が非常に高まっている所があります。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。
また、伊豆諸島では、1日金曜夕方まで、大気の状態が不安定でしょう。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。
関東では、1日金曜夕方にかけて、沿岸を中心に「激しい雨」や「非常に激しい雨」が降り、大雨となる見込みです。「非常に激しい雨」とは、バケツをひっくりかえしたように降る雨で、道路が川のようになるレベルです。「非常に激しい雨」とは、滝のように降る雨で、傘は全く役に立たないレベルです。1日金曜の帰宅時間帯も、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。