メイン画像

日中は厳しい残暑が続いている中国地方ですが、この厳しい暑さは、週末の雨を境に落ち着いてきそうです。
特に今週は、日中の最高気温が30度前後となるため、熱中症対策が必須です。そして、内陸部では朝と昼間の気温差も大きくなるでしょう。朝は半そでだと寒いくらいになる所もあり、重ね着できる服装がオススメです。一日の気温差で体調を崩さないよう、お気をつけください。

2週間天気 前半

中国地方は先週末から秋晴れの、澄んだ青空が広がっています。日中の最高気温は30度前後と残暑が厳しく、日中のジリジリと照り付ける日差しの強さを感じます。
この残暑は週末の雨を境に、落ち着いてくる見込みです。
山陰で6日(水)に一時的に天気が崩れ雨が降りますが、9日(土)頃にかけて、山陽を中心に晴れて厳しい残暑が続くでしょう。10日(日)、11日(月)は前線や湿った空気の影響で雲が広がりやすくなり、雨の降る時がある見込みです。11日(月)は徐々に涼しい空気に入れ替わるでしょう。この雨を境に、厳しい残暑が落ち着く見込みです。

2週間天気 後半

画像B

来週12日(火)はまだ、雨の降る所がありますが、17日(日)頃にかけて、晴れたりくもったりの天気が続く見込みです。よく晴れても、最高気温は25度くらいで、まだ日差しのもとでは暑いですが、これまでの厳しい暑さは落ち着くでしょう。

日中は熱中症対策が必須

画像C

熱中症情報を見ると、今週はじめは「厳重警戒」の所があり、週末にかけて「警戒」レベルの日がほとんどです。
こまめに水分や休憩をとり、外で活動する際は無理をしないようにしてください。
中国地方は来週になると、日中の最高気温が30度以上の真夏日からは解放されますが、それでもまだ25度以上の夏日になる日がありそうです。
日中は熱中症にならないよう、油断せずに対策をしてください。

内陸部では 朝晩は重ね着を

画像D

最高気温は30度前後と残暑が厳しい中国地方ですが、今朝4日(月)は内陸部で10度前後になるなど、寒いくらいとなりました。そこで、広島県庄原市の今後の気温変化予想をみてみると、一日の気温差が15度くらいになることが分かります。
このため、昼間は半そで、朝晩は半そでの上に重ね着をするなど、服装の調節が必要です。一日の気温の変化で体調を崩さないよう、お気をつけください。