あす8日の最高気温は、東北から九州、沖縄にかけて9月上旬〜中旬並みとなりそうです。関東や東北南部では、きょう7日よりも5度以上も高くなり、暑さが戻りそうです。体調管理にご注意ください。

8日 東北〜九州 季節外れの暑さに

きょう(7日)は、日本付近は高気圧に緩やかに覆われ、九州から近畿にかけてはよく晴れて気温が上がりました。一方、東海や関東、東北の太平洋側は高気圧からの湿った空気の影響を受けて雲が多くなり、東北の日本海側や北海道も気圧の谷の影響で雲の広がった所が多くなって、この時期らしい気温となった所が多くなりました。
あす(8日)は、北陸や東北の一部で前線の影響を受けて雨や雷雨となりますが、そのほかの地域では日差しが出て、気温が高くなる見通しです。あす日中の最高気温は、東京は31度、仙台は26度、福岡は31度と、それぞれ平年より5度以上も高くなる予想です。東京や仙台では、きょうと比べても5度くらい高い予想です。気温差が大きくなるため、体への負担が大きくなりそうです。体調管理にご注意ください。
また、名古屋や大阪でも、最高気温は29度と真夏日一歩手前の暑さとなる予想です。あすは二十四節気の「寒露」で、露が冷たく感じられるころとされていますが、東北から九州と沖縄で、9月上旬〜中旬並みの気温で、季節外れの暑さとなりそうです。

体調管理に要注意

画像B

あすは、関東から九州、沖縄まで広く、熱中症に警戒が必要なレベルです。特に、きょうとの気温差が大きい関東ではより警戒・注意が必要です。こまめに水分や休憩をとって、屋外で他の人との距離をとれる場合にはマスクを外すなどして休憩をとるように心がけてください。
服装選びですが、関東から九州、沖縄では、日中は半袖でちょうど良いくらいでしょう。ただ、朝や夜は気温が20度前後で、長袖や一枚羽織るものが欲しくなる気温となります。日中との気温差が約10度と大きくなるため、一日のうちの気温差にも注意し、服装で上手に調節してお過ごしください。
東北南部も日中は半袖で過ごせるでしょう。東北北部や北海道は、長袖のシャツでちょうどよいくらいとなりそうです。
来週も、全国的に気温は平年より高い予想で、西日本を中心に、熱中症に警戒が必要なレベルの日が続きそうです。