この先2週間、秋らしく天気が短い周期で変わり、広い範囲で雨が降る日も。ひと雨ごとに季節が進み、西日本を中心とした暑さは次第に和らぐ。

1週目 9日〜15日

あす9日と10日は、おおむね晴れるでしょう。仙台をはじめ東北太平洋側は、東から湿った空気が流れ込むため雨の所もありますが、降り方は弱い見込みです。
11日から12日は低気圧が日本の北へ進み、13日にかけて前線が日本付近を通過するでしょう。雨の範囲が次第に広がります。低気圧が近づく北海道は、風が強まるでしょう。
また、日本のはるか南で台風が発生することが予想されており、この進路次第では沖縄の海上で大しけとなるおそれがあります。
14日と15日は全国的に日差しが戻ります。ただ、湿った空気の影響で所々で雨雲がわきますので、空模様の変化に気を配ると良さそうです。
気温は全国的に平年より高い日が多いでしょう。ただ、期間の中頃は最高気温が平年並みか平年を下回り、東北や北陸は気温の変動が大きくなりそうです。

2週目 16日〜21日

画像B

天気が短い周期で変わります。
17日から18日頃は広く雨となるでしょう。降り方の強まることもありそうです。その先も、北陸以北を中心に、たびたび雨が降るでしょう。
雨とともに季節が進み、気温は全国的に平年並みか低めとなりそうです。
北海道はグッと寒くなり、初霜や初氷の便りが届く可能性も。近畿や九州など西のほうの地域でも、日中の気温があまり上がらず秋の装いが活躍しそうです。朝晩は山沿いや内陸を中心に冷えるでしょう。山の木々が色づきが、次第に進みそうです。