きょう12日(火)、沖縄や先島諸島、台風18号の影響で、強風や高波に注意が必要です。沿岸の海域では、うねりを伴ってしけの状態が続くでしょう。また、夜にかけて断続的に雨が降り、雷雨の所もありそうです。

沖縄は強風、高波、雷雨に注意

画像A

超大型の台風18号は、午前6時には、南シナ海を1時間におよそ25キロの速さで西へ進んでいます。このあと、あす13日(水)にかけて南シナ海を西へ進み、15日(金)には熱帯低気圧に変わる見込みです。
きょう12日(火)、八重山地方では東よりの強い風が吹いており、風の強い状態は夕方にかけて続く見込みです。予想される最大風速(最大瞬間風速)は、先島諸島で16メートル(30メートル)、大東島地方で15メートル(25メートル)です。強風に十分注意してください。
沿岸の海域ではうねりを伴い、八重山地方では大しけ、沖縄本島地方と宮古島地方と大東島地方ではしけています。予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)は、12日(火)は、先島諸島で6メートル、沖縄本島地方と大東島地方で4メートル、あす13日(水)は、先島諸島で4メートル、沖縄本島地方と大東島地方は3メートルです。あす13日(水)にかけて、波の高い状態が続くため、高波に注意が必要です。海岸付近には近づかないようにしてください。
また、沖縄本島地方では12日(火)夜にかけて、八重山地方と宮古島地方では、あす13日(水)にかけて、積乱雲が発達し、落雷や竜巻などの激しい突風による被害の起こるおそれがあります。急な強い雨や雷雨に注意してください。

台風19号は直接的な影響なし

台風19号は12日(火)午前6時、南鳥島近海を西へ進んでいます。14日(木)頃から進路を北よりに変えますが、16日(土)には熱帯低気圧に変わる見込みです。本州付近への直接的な影響はないでしょう。