きょう12日(火)、関東や北陸、東北、北海道では、これからほとんど気温が上がらず、日中の気温は20℃に届かない所もあるでしょう。昼間でも上着が必要なほど、風が冷たく感じられそうです。気温の変化が大きくなるため、体調を崩さないように気をつけてください。

12日(火) 関東から北は秋、東海から西は夏

画像A

きょう12日(火)は、本州付近に前線が停滞する見込みです。前線は暖かい空気と冷たい空気がぶつかり合う所に発生します。前線の北側で、冷たい空気が流れ込む、関東や北陸から北海道は、ヒンヤリするでしょう。最高気温は、東京都心で23℃の予想で、きのうより6℃ほど低くなりそうです。仙台は16℃の予想で、きのうより13℃ほど低く、11月上旬並みの肌寒さとなる見込みです。
一方、前線の南側には暖かい空気が流れ込むため、九州から東海では、最高気温が30℃近くまで上がる所が多いでしょう。最高気温は、福岡は30℃、大坂は28℃の予想で、暑さが続く見込みです。

来週は一気に季節が進む 北海道では最高気温が10℃に届かない日も

画像B

予想最高気温は、この先、土曜日ごろにかけて、九州から東海では、25℃を超える日が続く見込みです。関東や東北は、あす13日(水)もヒンヤリしますが、その後はいったん暑くなる日があるでしょう。
きのう11日(月)、九州から北海道には、「低温に関する早期天候情報」が発表されましたが、17日(日)ごろから、上空にこの時期としては冷たい空気が流れ込むため、気温が平年よりかなり低くなりそうです。札幌では、最高気温が10℃に届かない日もあるでしょう。季節の変わり目で、気温の変化が大きくなりますので、体調の管理とともに、農作物の管理などにも注意してください。