12日(火)、沖縄では、超大型の台風18号による影響が続いています。先島諸島では、夕方にかけて強風に注意してください。沖縄には、台風周辺の発達した雨雲がかかるでしょう。急な強い雨にも注意が必要です。

超大型の台風18号 南シナ海を進む

画像A

12日(火)正午、台風18号は、南シナ海を西へ時速25kmで進んでいます。中心の気圧は975hPaです。超大型の台風で、八重山地方は、まだ強風域に入っています。台風18号は、今後も、南シナ海を西よりへ進む見込みです。

12日(火) 沖縄 台風18号の影響続く 強風や局地的に激しい雨

12日(火)、沖縄では、東よりの風が強まっています。朝、八重山地方の石垣市登野城で、最大瞬間風速19.8 m/sを観測しました。
台風18号の外側の発達した雨雲がかかっている所もあります。沖縄本島地方の国頭村奥で、明け方に、1時間に34.5ミリの激しい雨を観測しました。

沖縄 まだ高波・強風に注意 急な強い雨や雷雨も

12日(火)、沖縄地方の沿岸の海域では、うねりを伴って、しけています。13日(水)にかけて、うねりを伴った、しけや波の高い状態は続く見込みです。高波に十分注意してください。予想される波の高さは、いずれもうねりを伴って、12日(火)は先島諸島5メートル、沖縄本島地方と大東島地方4メートルです。13日(水)は先島諸島4メートル、沖縄本島地方と大東島地方3メートルです。
先島諸島では、12日(火)夕方にかけて、東よりの強い風が続く見込みです。強風に注意してください。予想される最大風速(最大瞬間風速)は、15メートル(25メートル)です。
発達した雨雲がかかるのは、沖縄本島地方では12日(火)いっぱい、先島諸島では13日(水)にかけてでしょう。急な強い雨や雷雨に注意が必要です。雷雲の周辺では、突風が発生することもあります。発達した積乱雲が近づく兆しがあるときは、直ちに安全な建物の中などに移動してください。