18日月曜のポイントは2つ。1つは「北海道や東北の日本海側は、昼頃まで所々で雨や雪が降ること」です。特に朝は冷えていますので、標高の高い所を中心に、路面の凍結に注意が必要です。もう1つは「晴れる太平洋側でも、昼間も空気がヒンヤリすること」です。服装選びにお気をつけください。

天気のポイントは?

18日月曜の未明は、上空に流れ込んだ寒気の影響で、日本海側では所々で雨や雪が降りました。午前3時の天気は、網走で「雪」、稚内では「みぞれ」を観測しました。
天気のポイントは「北海道や東北の日本海側は、昼頃まであちらこちらで雨や雪が降ること」です。特に、朝は冷えていますので、北海道や東北の標高の高い所を中心に、濡れた路面が凍結するおそれがあります。車の運転は、いつも以上に慎重にしてください。
北陸から山陰も雲が多く、朝まで一部で雨が降りますが、天気は回復へ向かうでしょう。昼頃から晴れる所が多くなりそうです。
太平洋側は大体晴れて、洗濯日和でしょう。ただ、関東は、昼前まで濃い霧で見通しの悪くなる所がありそうです。車の運転などは注意が必要です。東海から西は、空気の乾く所がありますので、火の取り扱いにお気をつけください。

気温のポイントは?

画像B

そして、広い範囲で、昼間も寒気の影響を受けるでしょう。気温のポイントは「晴れる所でも、昼間もヒンヤリすること」です。
最高気温は、北海道から東海では平年より低い所が多いでしょう。北海道は10℃前後、東北は15℃くらいの予想です。関東甲信や東海、北陸は17℃前後でしょう。関東甲信や東海など、日差しがある所でも、昼間も上着がないとヒンヤリと感じられそうです。
近畿から中国、四国、九州北部は20℃を少しこえるくらいの所が多いでしょう。ただ、朝晩は羽織るもので調節してください。九州南部や沖縄は平年並みで、25℃くらいまで上がる所もありそうです。
日中も、北と南では体感温度が大きく違ってきます。服装選びにご注意ください。