きょう21日(木)は北海道や東北の日本海側を中心に雨や雷雨となりそうです。関東や東海、近畿は晴れますが、北風が冷たいでしょう。九州や沖縄も雨が降りやすい見込みです。

きょうの天気

画像A

きょう21日(木)は、北日本を中心に西高東低の気圧配置が続くでしょう。沖縄付近には前線が延びる見込みです。
<各地の天気>
北海道は夕方まで雨が降り、雷を伴う所がありそうです。局地的に雨の降り方が強まり、雨量が多くなる所もありそうです。土砂災害や河川の増水にご注意ください。東北も日本海側を中心に雨が降ったりやんだりでしょう。太平洋側は晴れ間もありますが、雲が広がりやすく、午前中を中心に所々で雨が降りそうです。北陸も夕方まで雨の降る所があるでしょう。関東甲信、東海、近畿は大体晴れそうです。四国もおおむね晴れますが、夜は雨の降る所がある見込みです。中国地方は日中は日が差すでしょう。ただ、朝と夜は雨の降る所がありそうです。九州は南部を中心に雨が降り、特に奄美では夕方から雷を伴って所々で激しく降りそうです。北部も雲が多く、朝から所々で雨が降る見込みです。沖縄は雨や雷雨となるでしょう。

きょうの最高気温 広く11月並みの寒さ

画像B

きょう21日(木)の最高気温は、全国的に平年より低く、広く11月並みの寒さとなりそうです。きのう20日(水)と比べると同じくらいか低く、北海道はアメダスの半数ほどの所で10℃に届かない見込みです。東北は15℃前後、関東から九州も20℃に届くか、届かないくらいでしょう。九州南部では12月上旬並みの寒さの所もありそうです。沖縄はきのう20日(水)と同じくらいの予想です。きょう21日(木)も、関東など晴れ間が出る所でも、北風が冷たく感じられそうです。外出の際には、ストールなどで首元を温めたり、風を通しにくい上着を着てお出かけください。