メイン画像

22日金曜の帰宅時間のポイントは、関東など広い範囲で冷たい雨が降ることです。雨に濡れて、体を冷やさないよう注意が必要です。関東など太平洋側の天気は、23日土曜には回復へ向かいますが、日本海側は23日土曜にかけて、局地的に雷雨となるでしょう。落雷や突風、急な強い雨に十分お気をつけください。

関東 22日金曜の帰宅時間帯も「冷たい雨」

画像A

22日金曜11時半現在、雨雲レーダーを見ますと、関東の広い範囲で雨が降っており、日本海側も所々に雨雲がかかっています。
午後も、関東は断続的に雨が降るでしょう。特に強く降る雨ではありませんが、帰宅時間帯も傘が欠かせなくなりそうです。
また、関東では、気温は夜にかけてもほとんど横ばいで、北風も続くので、雨が一段と冷たく感じられるでしょう。沿岸部では北風がやや強く吹く所もありますので、傘をさしていても雨が吹き込んでしまい、体が濡れてしまう可能性があります。体を冷やして風邪などひかないよう、注意が必要です。
この関東の雨は、千葉県や茨城県など沿岸部では、23日土曜の明け方まで残る所があるでしょう。
23日土曜の日中は、関東の平野部では、天気が回復へ向かう見込みです。ただ、寒気の影響を受けるため、群馬県北部の標高の高い所では、23日土曜夕方まで、雨や雪の降る所がありそうです。こちらは、23日土曜の日中も、念のために雨具をお持ちください。

日本海側 23日土曜にかけて 落雷や突風など注意

画像B

一方、日本海側では、22日金曜午後は、夜遅くなればなるほど、広い範囲で大気の状態が不安定になるでしょう。帰宅時間帯は、あちらこちらで雨が降り、局地的に雷が鳴りそうです。
さらに、日本海側で大気の不安定な状態は、23日土曜にかけても続くでしょう。日本海側では、午前中を中心に雨や雷雨となりそうです。23日土曜6時の「発雷確率」を見ますと、新潟県付近を中心に確率が高くなっています。落雷や突風、急な強い雨に注意が必要です。

雷が近づいたら 家の中でやるべきこと

画像C

雷雲が近づいた場合、家の中にいても、身を守るためにやっていただきたいことが2つあります。
1つめは、窓から離れて、家の中央に避難することです。雷が鳴る時には、突風が吹くこともあり、突風によって窓ガラスが割れる恐れがあります。雷が鳴っているかどうか、外の様子が気になるかもしれませんが、窓やカーテンはしっかり閉めて、窓から離れましょう。特に、大きなガラス窓の下や周囲は、大変危険ですので、絶対に近づかないでください。
2つめは、雷が近づいたら、家電製品のコンセントを抜くことです。雷が落ちると、パソコンなどが故障する場合がありますが、それを防ぐのは簡単です。コンセントを抜くだけで、雷から家電製品を防護できます。
雷の音が聞こえなくなっても、20分くらいは、むやみに外に出ないでください。