向こう一週間は、気温は平年並みか高い日が多く、これまでの低温傾向は一旦落ち着くでしょう。天気は短い周期で変化しそうです。

あす 太平洋側で広く雨

あす月曜日は、高気圧が東へ離れ、前線を伴った低気圧が本州の南を進む見込みです。太平洋側を中心に湿った空気の影響を受けやすく、広く雨が降るでしょう。九州は南部を中心に昼ごろにかけて雨、四国は断続的に雨や雷雨で局地的に激しく降りそうです。近畿や東海は昼ごろから雨が降り出し、関東も夜は雨が降るでしょう。東北や北海道では大体晴れる見込みです。九州から東海にかけては、気温の上がり方は鈍く、昼間も空気がヒンヤリしそうです。

あさって以降

あさって火曜日は、午前中は太平洋側で雨の降る所がありますが、午後は広く晴れるでしょう。水曜日は、早くも次の気圧の谷が近づき、木曜日に本州付近を通過する予想です。北陸から北では雨や風が強まり、カミナリを伴うこともあるでしょう。関東から九州は、晴れ間があっても雲の多い天気となりそうです。金曜日は、天気が回復して、広い範囲で秋晴れでしょう。土曜日と日曜日は、高気圧が北日本付近を進む予想です。北海道と東北は大体晴れますが、関東から九州は太平洋側を中心に雲が広がりやすいでしょう。
気温は、平年並みか高い日が多く、日中は20度くらいまで上がる所が多いでしょう。ただ、朝晩はこの時期らしく冷えそうです。気温の変化が大きくなりますので、体調管理にお気を付け下さい。

新たな台風発生へ

画像C

マリアナ諸島付近の熱帯低気圧は、今後台風に発達して、日本の南を北上する予想です。予報円が大きく、進路予想に幅がありますが、小笠原諸島など、島しょ部を中心に台風の影響が懸念されます。今週はこまめに天気予報を確認するようにしましょう。