関東地方は、この先一週間は晴れる日が多い見込み。気温も平年並みか高いでしょう。11月に入ると次第に冷え込みも強まり、平野部の紅葉も徐々に色づき始める見込みです。

関東のこの先一週間の天気は?

関東地方は、この先一週間、高気圧に覆われて晴れる日が多いでしょう。ただ、27日(水)は雲が広がりやすく、昼前後を中心に所々で雨が降る見込みです。28日(木)から30日(土)は大体晴れるでしょう。カラッとした秋晴れとなりそうです。29日(金)頃は、台風20号が日本の東の海上に進み、その後、温帯低気圧に変わる見込みです。関東は台風の直接の影響はありませんが、沿岸部では北よりの風が強まりそうです。沿岸部では晴れていても強風にご注意ください。31日(日)は気圧の谷の影響で、雲が広がりやすく、11月1日(月)から2日(火)にかけて、沿岸部を中心に雨が降りそうです。ざっと降り方が強まることもあるでしょう。

関東の気温の傾向は?

画像B

画像C

関東のこの先一週間の最高気温と最低気温は、平年並みか高いでしょう。最高気温は20度前後で、日差しがあると快適に過ごせそうです。朝晩も極端に冷え込む日はなさそうです。ただ、30日(土)の朝は放射冷却現象で、冷え込みが強まり、東京都心で10度くらい、内陸部では10度を下回りそうです。その後、しばらくは10度を下回ることはない見込みです。

関東 日光などは紅葉見ごろ 平野部は11月中旬頃から

画像D

関東では北部の山沿いを中心に紅葉が色づき始めていて、日光や谷川岳などでは見ごろを迎えています。平野部ではまだ葉は青々としていますが、関東の紅葉の見ごろは平年並みの所が多いでしょう。この先11月初めにかけて、気温は平年並みか高いため、色づきはあまり進まない見込みです。ただ、11月中旬頃になると、冷え込みが強まり、東京都心でも10度を下回る日も度々ありそうです。徐々に葉が色づき始め、平野部では11月中旬から12月上旬にかけて紅葉を楽しめる所が多くなるでしょう。紅葉がきれいに色づくということは、冷え込みも強まっているということですので、紅葉狩りにお出かけの際の服装にも気をつけてお楽しみください。