発達中の台風20号が日本の南の海上を北上中。28日から29日にかけて小笠原諸島を接近・通過し、大荒れの天気に。接近前の対策はお早めに。

台風20号最新情報

画像A

台風20号は、午前6時現在、日本の南の海上を北上しています。中心気圧は990hPa。中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心から半径35キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。今後、発達しながら北上し、あす28日木曜日から29日金曜日には強い勢力で小笠原諸島付近に接近・通過する見込みです。その後は、進路を東寄りに変えて、日本の東の海上を北東に進み、本州から離れるとみられます。

小笠原諸島では暴風・波浪・大雨に警戒を

台風の接近や通過に伴い、小笠原諸島では28日から29日にかけて、猛烈なしけや猛烈な風が予想され、大雨となる見込みです。
あす28日に予想される最大瞬間風速は60メートル、波の高さは10メートルと猛烈なしけとなる見込みです。また、29日金曜日には最大瞬間風速が40〜60メートル、波の高さは6〜8メートルの大しけが予想されます。台風本体の発達した雨雲がかかる28日から29日は大雨が予想され、29日6時までに予想される24時間雨量は最大で100〜200ミリです。雨や風、高波への備えはきょう中に行い、停電なども想定し、懐中電灯やスマートフォン、非常食なども手の届くところに置いておきましょう。

画像C