きょう2日(火)の関東の天気。沿岸部は昼頃まで雨や雷雨になる所も。日中は日差しが戻り、快適な陽気に。

昼前まで落雷・突風・ヒョウに注意

きょう2日(火)午前6時現在、千葉県南部を中心に雨雲がかかっています。また伊豆諸島付近では、発達した雨雲が次々にかかっていて、神津島では午前3時48分までに1時間に21.0ミリ、三宅島の坪田では午前5時46分までの1時間に20.5ミリのどしゃ降りの雨となりました。
関東では、このあと昼前(12時頃)までは、雨雲の発達しやすい状態が続くでしょう。千葉県や茨城県は昼前にかけて所々で雨が降り、雷が鳴ってザッと強い雨の降ることがありそうです。伊豆諸島は、午前9時頃までは1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る所があるでしょう。落雷、竜巻などの激しい突風、ヒョウにご注意下さい。

日中は快適な陽気に

画像B

きょう2日(火)の関東は、内陸から天気が回復しています。都心周辺は、朝のうちは雲が多いものの、晴れてきそうです。千葉県など沿岸部も、午後は次第に日差しが戻るでしょう。
最高気温は、きのう(1日)より2℃ほど高い所もあり、23℃前後まで上がる所が多くなりそうです。日中は長袖のシャツ1枚でちょうど良いくらいの気温で、日差しのもとでは心地よく感じられるでしょう。
昨夜(1日)からけさ(2日)にかけて気温の下がり方は鈍く、この時期としては暖かい朝になっています。東京都心の午前6時の気温は16.1℃と、きのうの同じ時間よりも4℃ほど高い気温です。夜も極端に冷えることはないでしょう。朝、寒くない服装でお出かけ下さい。