5日(金)にかけては太平洋側は晴れて、暖かな陽気に。6日(土)は西から天気が下り坂、7日(日)から8日(月)は広く雨が降るでしょう。強雨や荒天に注意。次第に西まわりで寒気が流れ込んでくる予想です。

週末は天気が下り坂 日曜から月曜は荒天も

画像A

3日(水)文化の日から5日(金)にかけては太平洋側は広く晴れるでしょう。本州でも山沿いでは紅葉が見ごろを迎えており、紅葉狩りに行くのも良さそうです。一方、北海道や東北の日本海側、北陸は上空の寒気の影響で雨が降りやすいでしょう。
6日(土)は西から天気が下り坂で、九州で雨が降りだす予想です。7日(日)から8日(月)にかけては前線を伴った低気圧が日本付近を通過し、広く雨が降りそうです。太平洋側を中心に発達した雨雲がかかり、雨脚の強まる所もあるでしょう。この時期としては雨量が多くなったり、風が強まって荒れた天気となったりする恐れがあります。最新の気象情報にご注意ください。
その後、西まわりで寒気が流れ込んでくるでしょう。9日(火)は日本海側は寒気の影響で雨が降りやすくなりそうです。太平洋側は晴れますが、次第に北風が強まるでしょう。

ポカポカ陽気から一転、寒く

最高気温は6日(土)頃までは平年並みか高く、晴れる所では過ごしやすい陽気でしょう。
7日(日)は関東などで日中も気温の上がり方が鈍く、冷たい雨になりそうです。8日(月)以降は西から寒気が流れ込み、寒くなるでしょう。
7日(日)は立冬で、暦の上では冬に入ります。ポカポカ陽気から一転して、立冬を過ぎると暦通り、寒くなるでしょう。日々の気温もチェックして、体調を崩さないよう服装で上手に調節してください。