3日(水)文化の日は、北海道は雨や雷雨で、昼前まで土砂災害に警戒が必要です。東北から九州は、日本海側は雲が多く、雨や雷雨の所があるでしょう。太平洋側は晴れる所が多い見込みです。

紅葉 関東〜九州も色づき始め 標高の高い所は見ごろに

画像A

2日(火)の時点で、東北や北陸は紅葉が見ごろを迎えています。関東から九州も、色づき始めており、標高の高い所では見ごろを迎えています。

きょう3日(水) 北海道は雨続く

画像B

きょう3日(水)は、低気圧が北日本付近を通過するでしょう。低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。北海道は大気の状態が不安定でしょう。
北海道は広く雨が降り、雷が鳴ることもある見込みです。太平洋側西部では、大雨のピークは過ぎましたが、これまでの大雨で地盤の緩んでいる所や増水している河川があります。昼前まで大雨による土砂災害に警戒し、河川の増水にも十分注意してください。

きょう3日(水) 東北〜九州 日差しが届く地域は?

きょう3日(水)、本州付近も気圧の谷の影響を受けるでしょう。
東北から九州の日本海側は、雲が多く、雨や雷雨の所がある見込みです。北陸では、朝まで傘をさしていても濡れてしまうくらい激しい雨が降る所があるでしょう。
一方、東北から九州の太平洋側は、日差しが届く所が多い見込みです。紅葉狩りなど、行楽日和でしょう。ただ、東海や四国では、夕方以降は、にわか雨や雷雨の所がありそうです。お出かけは、折りたたみ傘があるとよいでしょう。
沖縄は、本島地方は晴れる見込みです。先島諸島は雲が多く、午前中は雨が降る所があるでしょう。

きょう3日(水) 予想最高気温

きょう3日(水)の最高気温は、きのう2日(火)と同じくらいか低い所が多いでしょう。北海道は10℃くらいの予想です。東北から中国地方の日本海側は18℃前後の所が多いでしょう。
東北の太平洋側は17℃から20℃くらい、関東、東海、近畿の太平洋側、四国は21℃から22℃くらいの所が多く、四国では25℃近くまで上がる所もある予想です。過ごしやすい陽気でしょう。
九州北部は21℃前後、九州南部は23℃くらいの予想です。
沖縄は26℃くらいでしょう。