現在(4日11時00分)の中国地方の気温は、ほとんどの所が15度を超え瀬戸内側では20度を超えている所もあります。
しかし今夜は瀬戸内側を中心に放射冷却の影響で気温が下がり、明日(5日)の朝は今朝より寒くなるでしょう。また来週は寒気が流れ込むため、日中も気温が上がりにくく季節の前進が感じられそうです。
気温の変化で体調を崩さないようお気をつけください。

気温の変化が大きくなりそう 体調管理を心がけて

画像A

金曜日(5日)と土曜日(6日)は高気圧に覆われて大体晴れるでしょう。朝は内陸部で濃い霧が発生し、見通しが悪くなる可能性がありますので車の運転などお気をつけください。朝の最低気温は10度以下の所が多く冷える見込みです。夜間はあたたかくしてお過ごしください。日中の最高気温は20度以上で過ごしやすいでしょう。
日曜日(7日)と月曜日(8日)は低気圧や湿った空気の影響で雨が降るでしょう。風が強まり荒れた天気になるおそれがあります。
火曜日(9日)から木曜日(11日)は寒気の影響で日本海側では雲が多く一時雨の降る可能性があります。瀬戸内側でも晴れたりくもったりの天気でしょう。日本海側を中心に西よりの風が強い見込みです。
また昼間も気温があまり上がらず、最高気温は20度に届かないでしょう。風が冷たくなり秋の深まりが感じられそうです。体調を崩さないよう服装を調節するなど対策をなさってください。