あす6日(土)と7日(日)、関東は青空が広がり、過ごしやすい陽気に。ただ、8日(月)から9日(火)は広く雨が降り、沿岸部では風も強まりそう。また、9日(火)は、最高気温が25℃近くまで上がる所も。最新の天気予報で確認を。

土日は各地で秋晴れ

画像A

あす6日(土)は、高気圧に広く覆われる見込みです。関東は、各地とも朝から日差しがたっぷりでしょう。乾いた空気に包まれて、厚手の洗濯物も良く乾きそうです。最高気温は東京都心と前橋で20℃、横浜は19℃の予想です。平年より高い所が多く、日差しが暖かいでしょう。昼間は過ごしやすい陽気となりそうです。
あさって7日(日)も、高気圧に緩やかに覆われるため、関東は晴れる所が多いでしょう。時々雲が広がっても、雨の降ることはない見込みです。最高気温は20℃くらいの所が多く、穏やかでしょう。

8日(月)から雨や風が強まる恐れ

画像B

8日(月)には、西から低気圧や前線が近づき、湿った空気が流れ込む見込みです。関東は雲に覆われ、次第に雨が降り出すでしょう。
9日(火)にかけて前線が関東付近を通過するタイミングで、雨や風が強まりそうです。沿岸部を中心に、横なぐりの雨になる所もありそうです。急な強い雨や落雷、突風に注意してください。

9日(火) 最高気温が25℃近くまで上がる所も

画像C

さらに、9日(火)は気温にも注意が必要です。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、各地で気温が上がるでしょう。最高気温は22℃前後の所が多く、内陸部では25℃近くまで上がる所もありそうです。
気温の変化が大きくなりますので、服装でうまく調節して、体調を崩さないように気をつけてお過ごしください。