きょう6日(土)は、北海道から九州にかけて広く秋晴れで、お出かけには最適でしょう。あす7日(日)も穏やかな晴れの天気は続きそうです。ただ、土日とも一部で雨が降りますのでご注意ください。最高気温は、平年より高い所が多く、あす7日(日)は九州や四国で25度近くまで上がる予想です。

6日(土)の天気 広く秋晴れ お出かけ日和

画像A

きょう6日(土)は、本州付近は移動性の高気圧に広く覆われるでしょう。北海道から中国地方や四国にかけて、さわやかな秋晴れとなりそうです。日中は過ごしやすく、お出かけ日和となるでしょう。東北から九州にかけて、紅葉の色づきが進んでいますので、紅葉狩りに出かけるのもよさそうです。ただ、湿った空気や気圧の谷の影響で、東北の日本海側では昼頃まで、関東の沿岸部では夜になると、一部で雨や雷雨となるでしょう。外出の際は折り畳みの傘があると安心です。
九州と沖縄は低気圧や前線の影響で曇りや雨となり、沖縄では雷雨や激しい雨の降る所がありそうです。雨の降り方にはご注意ください。
朝は放射冷却が強まり、名古屋では今シーズン初めて10度を下回るなど冷え込みが強まった所が多くなりました。最高気温は、平年並みか高い所が多いでしょう。北海道と東北は14度から17度くらい、北陸や関東から九州にかけては20度前後の所が多い予想です。昼間は日差しが暖かく感じられそうです。ただ、紅葉狩りなどで標高の高い所に行かれるかたは、上着を一枚多めに持つなど調整しやすい服装がおすすめです。

7日(日)の天気 北海道は昼頃まで雨 関東から九州の太平洋側は一部で雨

画像B

あす7日(日)は、北海道は前線が通過するため、昼頃にかけて雨や雷雨の所があるでしょう。標高の高い所では雪が降ることもありますので、車を運転される方はご注意ください。
東北と北陸は、晴れて洗濯日和となるでしょう。関東から九州にかけては、引き続き高気圧に覆われるため、晴れる所が多くなりそうです。ただ、湿った空気が流れ込む、太平洋側では所々で雲が広がり朝晩を中心に雨が降るでしょう。
沖縄は、天気が回復し日中は晴れる見込みです。
あす7日(日)は立冬で暦の上では冬になりますが、最高気温は平年より高い所が多いでしょう。東北は20度近くまで上がり、関東から九州ではほとんどの所で20度以上の予想です。四国や九州では25度近くまで上がる所もあるでしょう。ただ、朝晩は冷えて一日の中で気温の変化が大きくなりそうです。体調管理にはご注意ください。