関東甲信は、あす7日も日差しあり。ただ、沿岸部では局地的に雨雲が発生。8日夜から9日朝は前線の通過に伴い広い範囲で本降りの雨に。風も強まる。

あす7日(日)も日差しが届く 沿岸部は局地的に雨雲が湧く

あす7日も、関東甲信は日差しが届くでしょう。風も比較的穏やかな見込みです。
ただ、東から流れ込む湿った空気の影響で、きょうに比べると雲が多めに。千葉県をはじめ沿岸部では、午前中はにわか雨の所があり、夜も局地的に雨雲が湧いてきそうです。急な雨に備えて、雨具を持っておくと安心です。
最低気温は今朝と同じくらい。関東南部は12℃前後、関東北部と山梨県は8℃前後、長野県は4℃前後の所が多いでしょう。各地とも、朝は空気が冷たく感じられそうです。
最高気温も、きょうとほとんど変わらず、20℃前後の予想。昼頃は上着なしでも良さそうです。夕方以降も冷え込みは弱く、夜の気温は朝よりも高めでしょう。

8日(月)の夜〜9日(火)の朝 前線の雨雲が広がる その先は天気回復

画像B

週明けは、晴れをもたらす高気圧が離れ、西から前線が近づきます。
8日夜から9日朝にかけて広い範囲で本降りの雨となりそうです。沿岸部を中心に南よりの風が強まり、横なぐりの雨の所もあるでしょう。レインコートやレインシューズなどが役に立ちそうです。なお、雨・風の強まるタイミングは少し早まる可能性もありますので、最新の情報をご確認ください。
10日は、関東北部でにわか雨の所があるものの、日差しは戻ります。13日にかけても大体晴れるでしょう。
気温は引き続き平年並みか高い予想。特に9日は、南風に乗って暖かい空気が流入。日中は23℃前後まで上がり、薄手のシャツ一枚など軽めの装いで過ごせそうです。