関東地方は9日(火)は朝から荒天に。激しい雨や雷雨、横なぐりの雨になる所も。通勤・通学の時間帯と重なるため、雨や風対策もしっかりして、時間に余裕を持ってお出かけを。

通勤・通学の時間帯と重なる 局地的に激しい雨や雷雨

画像A

9日(火)は低気圧から延びる寒冷前線が関東地方を通過します。関東地方は湿った空気の影響で、前線の通過する前、8日(月)の夜遅くから、広い範囲で雨雲がかかり始める見込みです。9日(火)は寒冷前線が通過するため、朝から昼頃にかけて本降りの雨となるでしょう。雨の降り方が強まり、激しく降ったり、雷を伴ったりする所がありそうです。沿岸部を中心に南寄りの風が強まり、横なぐりの雨になるなど、荒れた天気になることもあるでしょう。傘をさしていても濡れてしまいそうなほどの雨になることもありそうです。9日(火)の朝の通勤・通学の時間帯と重なるため、大きめの頑丈な傘やレインコートもあると良いでしょう。時間にも余裕を持ってお出かけください。

最高気温・最低気温は平年より高い

画像B

9日(火)の朝は、気温があまり下がらないでしょう。平年より5度以上高く、13℃から14℃前後の所が多いでしょう。10月中旬並みで、この時期としては、比較的暖かな朝となりそうです。日中の最高気温も平年より高く、20℃から22℃くらいで、10月中旬から下旬並みになりそうです。雨が降るわりには気温は高めでしょう。

10日(水)は天気回復

画像C

9日(火)の昼頃までが雨や風のピークで、午後は次第に雨がやんで、風も徐々におさまりそうです。あさって10日(水)には天気が回復して、晴れ間が戻りそうです。大きめの洗濯物や厚手の洗濯物がある方は、晴れる10日(水)に回したほうが良さそうです。